運転者の年齢に関係なく車種ごとに掛金は同じです。
事業者の場合は、掛金はすべて損金処理ができます。
共済金は契約者にお支払いします。
任意保険に関係なくお支払いします。

 車種別共済掛金
車種 年払 月払
自家用乗用自動車 10,000円 1,000円
自家用軽乗用自動車 5,500円 550円
自家用普通貨物自動車(2トン超) 17,500円 1,750円
自家用普通貨物自動車(2トン以下) 14,500円 1,450円
自家用小型貨物自動車 10,000円 1,000円
自家用軽貨物自動車 5,500円 550円
補償内容
共済金額
契約者側 負傷の場合 相手側 負傷の場合







事故の日から180日以内に
死亡された場合
300万円
合計300万円
(死亡臨時費用30万円を含みます)
注1

後遺障害共済金

事故の日から180日以内に
後遺障害が生じた場合
300万円〜12万円
後遺障害別等級(1〜14級)に合わせお支払いいたします
300万円〜12万円
後遺障害別等級表の額の合計が限度額です
注2

入通院共済金

入通院の場合
(1人1日につき)
入院日額 4,500
通院日額 2,250
負担者が複数の場合は、1日18,000円までお支払いいたします
入院日額 4,500
通院日額 2,250
入通院共済金の合計額(入通院臨時費用を含む)を限度として、契約者の経済的負担をお支払いいたします。

(入通院臨時費用)3万円
(負傷者が3日以上入通院した場合)
注3
対物共済金
3万円 (他人の財物を破損・汚損・滅失させ、その損害額が2万円以上となったとき)
注4
(注1) 契約者側に死亡者が生じた場合、1事故につき300万円お支払いいたします。また契約者側に過失のある事故で、相手側に死亡者が生じた場合には、1事故につき300万円(死亡臨時費用を含みます)を限度として、契約者の経済的負担をお支払いいたします。事故のため実際に負担した金額がお支払いの限度です。
(注2) 契約者側に後遺障害者が生じた場合、後遺障害別等級により1事故につき300万円を限度としてお支払いいたします。また、契約者側に過失のある事故で、相手側に後遺障害者が生じた場合には、1事故につき300万円を限度として、契約者の経済的負担をお支払いいたします。事故のため実際に負担した金額がお支払いの限度です。
(注3) 1事故につき300万円を限度として、契約者側に負傷者が出た場合、1事故18,000円/日までお支払いいたします。(但し、365日か300万円が限度)相手側に負傷者が出た場合、相手側の入通院共済金の合計額(入通院臨時費用を含みます)を限度として、契約者の経済的負担をお支払いいたします。
(注4) 契約者側に過失があり、かつ経済的負担が2万円以上の場合にお支払いいたします。(1共済期間中1回限度)

 


企業が共済契約者で、企業が共済金受取人となり、被共済者である役員ならびに従業員の方が病気やケガで就業不能となった場合に企業の出費を補うことができます。
共済掛金は、年齢、職種に関係なく一律です。
補償額も他の補償制度に比べ高額補償となっております。
共済金の支払は、迅速でしかも1ヵ月単位でお支払いいたします。

 業務上業務外を問わず、共済期間中に傷害又は、疾病によって入院したり、自宅療養(医師の指示による入院に準じる自宅療養)のため、8日間以上継続して、現在のお仕事に全く従事できなくなったとき、8日目以降の就業不能期間1ヵ月につき、加入いただいた年齢の月額補償金をお支払いいたします。(ただし、12ヵ月を限度とします。)


一口あたり500円

※契約の際、被共済者の方の署名または記名押印による加入同意が必要です。
年 齢 別
月 額 補 償 額
満15才以上満20才未満
97,500円
満20才以上満25才未満
66,900円
満25才以上満30才未満
59,400円
満30才以上満35才未満
48,000円
満35才以上満40才未満
38,400円
満40才以上満45才未満
30,900円
満45才以上満50才未満
25,800円
満50才以上満55才未満
22,200円
満55才以上満60才未満
20,700円
満60才以上満65才未満
19,800円
満65才以上満70才未満
15,600円

 加入口数は、被共済者1人につき、最高20口まで加入することができます。ただし、被共済者の平均月間所得額が限度となりますので、この範囲でお決めください。職種(危険度)により、加入口数の引き受け制限があります。(平均月間所得額を超えた場合は、その超えた補償額については共済金は支払われません。)