三重県中小企業共済協同組合は昭和48年11月に設立された事業協同組合です。
 本組合は、中小企業等協同組合法の一部改正に基づき、平成26年10月1日に今まで別組織として運営されておりました三重県火災共済協同組合を吸収合併し、その権利義務全部を承継いたしました。
 相互扶助の精神のもと、火災共済、自動車事故費用共済、生命傷害共済、所得補償共済等の共済事業を通じて、中小企業の経営者及び従業員の生活の安定を図るとともに中小企業の発展に寄与することを目的とし、三重県内において共済事業を展開しております。

名称

三重県中小企業共済協同組合

設立

三重県中小企業共済協同組合 昭和48年11月15日

目的

中小企業者ならびにその企業に従事する従業員を対象とした共済事業(火災共済・生命傷害共済・自動車事故費用共済・所得補償共済等)を行うことを目的として設立された事業協同組合です。

組合員

中小企業共済   123,216名  平成29年度末現在

出資金

中小企業共済   1,410,803,500円

職員数

中小企業共済    29名

役員

理事=20名、監事=4名、総代=109名 平成29年度末現在

代表理事 理事長

佐久間 裕之

代表理事 専務理事

横山 昭司

常務理事

堀田 宗稔(兼 事務局長)

理 事

水谷 康朗(桑名鉄工協同組合理事長)

理 事

鈴木 靖治(萬古陶磁器卸商業協同組合理事長)

理 事

小柴 眞治(三重県コンピュータ業協同組合理事長)

理 事

宮木 康光(協同組合津卸商業センター理事長)

理 事

須藤 康夫(四日市商工会議所専務理事)

理 事

潮崎 誠(鈴鹿商工会議所専務理事)

理 事

熹ィ 明弘(松阪商工会議所専務理事)

理 事

岩普@良文(伊勢商工会議所専務理事)

理 事

清水 清嗣(鳥羽商工会議所専務理事)

理 事

渡辺 將隆(上野商工会議所専務理事)

理 事

安藤 邦晃(朝明商工会会長)

理 事

伊藤 惠智(東員町商工会会長)

理 事

柘植 満博(伊賀市商工会会長)

理 事

辻 丈昭(明和町商工会会長)

理 事

板谷 一満(玉城町商工会会長)

理 事

藤村 達司(みえ熊野古道商工会会長)

理 事

朝倉 寿也(兼 事務局次長、経営管理部長)

監 事

下津 和文(協同組合三重県勤労者福祉センター理事長)

監 事

増岡 孝則(名張商工会議所専務理事)

監 事

浅井 文雄(木曽岬町商工会会長)

監 事

岡井 貞幸