1.掛金が安い 営利を目的としないので、掛金が安く、経費の節減に役立ちます。
2.支払いが早い 万一の場合、直ちに査定を行い、簡単な手続きで共済金を支払います。
3.剰余金は
  契約者に還元
協同組合組織ですから、剰余金は利用分量配当などで契約者に還元されます。